死神紫郎 プロフィール

死神紫郎 Profile

死神紫郎 (しにがみ しろう)は、日本のギター弾き歌手。
2004年“死神”名義で活動を始め、2018年に現在の“死神紫郎”に改名。
日本独自の“間合い”を生かした情念フォークを基調とした楽曲に、
変則的なリズムギター、歌舞伎や童謡、ゴシックロックを思わせる歌声が絡みつく。
代表作に4thアルバム『さよなら平成』(ディスクユニオン・週間インディーズチャート:1位)など。

死神紫郎 Biography

2004年 08月23日 “死神”名義でソロでの音楽活動を開始。
2004年 自作の多重録音伴奏+歌唱をメインに、打楽器、笛、エレキギター、アコースティックギターの演奏、紙芝居を取り入れたライブ活動を行う。 
2004年 『ミュージックデリバリー』(レインボータウンFM79.2/2004年10月22日)にて、10月03日に行った1stライブ@原宿REKIOのライブ音源の一部がオンエア。
2005年 1stアルバム『日の丸掲げ』を発表。
2006年 当初のスタイルに加えて、爆竹投げ、墨汁を被るなどのパフォーマンスに傾倒したライブ活動を行う。
2007年 打楽器+歌唱に舞踊の要素を取り入れた“太鼓叩き語り”をメインにライブ活動を行う。
2008年 年間6本の自主企画、ライブハウスとの共同企画を開催。
2009年 『DOLL 2009年8月号』にてライブレビュー掲載。
2010年 “太鼓叩き語り”と平行して“エレキギター弾き語り”によるライブ活動を行う。
2010年 第1回単独公演を池袋手刀にて開催。
2011年 “太鼓叩き語り”と平行して“アコースティックギター弾き語り”によるライブ活動を行う。
2011年 死神企画20弾『反逆のうた謳い』を開催。三上寛、日比谷カタンと共演。
2012年 2ndアルバム『四十二円の怨』を発表。
2012年 『ミュージック・マガジン 2012年11月号』にて作品レビュー掲載。
2013年 以降、“アコースティックギター弾き語り”をメインにライブ活動を行う。
2013年 2月19日@高円寺・円盤『大森靖子円盤月例企画vol.11』にゲスト出演。
2013年 『TRASH-UP!! 15号』にて「大森靖子インタビュー(第2部)」にゲスト参加。
2013年 加藤浩二(組織暴力幼稚園▼園長▲)とトークライブ『アンダー・オブ・アンダーグラウンド』を開催。
2013年 舞台芸術創造機関SAI 劇場公演『SHUJI TERAYAMA#13』の劇伴演奏に打楽器でゲスト参加。
2014年 詩人 “死神紫郎”名義で現代詩集『日本ってはか』を発表。
2014年 パンクバンド“組織暴力幼稚園”のエレキギター奏者として加入。
2014年 死神・ARUHI・津田寛治トリプル主演映画『JKホモホモ女子高生』(さそり監督)公開。
2015年 1stマキシシングル『どうせいつか壊れてしまう人間は悲しい肉の飴細工だから』を発表。
2015年 『CDジャーナル 2015年10月号』にて作品レビュー掲載。
2015年 『ミュージック・マガジン 2015年10月号』にて作品レビュー掲載。
2016年 地下セクシーアイドルユニット“ベッド・イン”主演の映画『101回目のベッド・イン』に友情出演。
2017年 3rdアルバム『共喰いの未明』を発表。
2017年 『CDジャーナル 2017年6月号』にて作品レビュー掲載。
2017年 死神13周年記念公演『夏の昼の夢』@四谷アウトブレイクを開催。早川義夫、しずくだうみ と共演。
2017年 『THOGO FEST 2017』@日比谷野外小音楽堂に出演。
2018年 “死神”から“死神紫郎”に改名。
2018年 『THOGO FEST 2018』@新宿Loftに出演。MERRY、少年ナイフ、DJ後藤まりこ
軟式globe。’12、X-HIROSHIMA、こまどり姉妹、美良政次 他と共演。
2018年 会場限定販売のライブCDR『死神紫郎ライブ2018』を発表。
2018年 昭和精吾生誕77年記念ライブ「七七ノ歌-ナナナノカ-」に出演。元天井棧敷の蘭妖子、犬神サアカス團の犬神凶子と犬神情次2号、虚飾集団廻天百眼と共演。
2018年 昭和精吾事務所 企画公演「氾濫原-はんらんげん-」にゲスト出演、。
2018年 死神紫郎の楽曲をバンド演奏するグループ“死神紫郎バンド”(Eg.Vo死神紫郎、Eb.六、Dr.志度)を始動。
2019年 『THOGO FEST 2019』@新宿Loftに出演。シバター、石川典行、木曽さんちゅう、misono、さとう珠緒、氏神一番 他と共演。
2019年 ディスクユニオンWEBサイトにてインタビュー掲載。(聞き手:清家 咲乃(BURRN!))
2019年 4thアルバム『さよなら平成』を発表。
2019年 『さよなら平成』がディスクユニオン新宿店・日本のロック・インディーズ館 週間チャート:2位を獲得。(12月02日付)
2019年 『さよなら平成』がディスクユニオン・週間インディーズチャート:1位を獲得。 (12月03日付)
2019年 『EL ZINE vol.40』にてインタビュー掲載。(聞き手:大越よしはる)
2020年 音楽評論家・岩田由記夫のラジオ番組「第一生命presentsライフスタイルレシピ」(bayfm78.0MHz/2020年01月12日/21:00~21:57放送)にて、死神紫郎「夢遊蝕-ムユウショク-」がオンエア。
2020年 会場限定販売のライブCDR『死神紫郎バンド2019.08.31ライブ』を発表。
2020年 『死神紫郎4thアルバム「さよなら平成」発売記念 ~死神紫郎×呂布カルマ 2マンライブ~』を開催。

死神紫郎 Discography 

フルアルバム

死神紫郎 4thアルバム「さよなら平成」

伊丹社 / JPN / CD / ITMS966 / 
2019年11月27日発売

[収録曲]
1.序幕
2.続・自殺の唄
3.七人掛けの椅子
4.二足、影絵踏み
5.なにかの拍子
6.夢遊蝕-ムユウショク-
7.死角い浴室
8.さよなら平成
9.牛は屠殺を免れない
10.どうせいつか壊れてしまう人間は悲しい肉の飴細工だから(live)

■セルフライナーノーツ / 死神紫郎『さよなら平成』
http://www.46shinigami.work/self/
■大越よしはる レビュー / 死神紫郎『さよなら平成』: LAZY SMOKEY DAMN!
https://lsd-blog.at.webry.info/201911/article_25.html
■行川和彦 レビュー / 死神紫郎『さよなら平成』 – なめブログ
http://hardasarock.blog54.fc2.com/blog-entry-2210.html
■スミダノリ レビュー / 死神紫郎『さよなら平成』を聴きながら考えたこと
https://note.com/r1ng0_am3/n/nc4496b61d461

死神 3rdアルバム「共喰いの未明」

伊丹社 / JPN / CD / ITMS965 / 
2017年04月19日発売 

[収録曲]
1.共喰いの未明
2.絶望の朝、希望まみれの体操
3.水葬
4.メカニック・メカニズム
5.蝉が鳴いて 私が呻いて

死神 2ndアルバム「四十二円の怨」(廃盤)

伊丹社 / JPN / CD / ITMS8039 / 
2012年08月29日発売 

[収録曲]
1.咳
2.病は伝染る
3.夢からさめない夢
4.いびつの美学
5.自殺の唄
6.見えない饅頭
7.出生拒否中絶歌
8.お悔やみ申し上げません
9.沼
10.太鼓独奏
11.自縛自爆、血しぶき刺身 

死神 1stアルバム「日の丸掲げ」(廃盤)

伊丹社 / JPN / CD / ITMS8031 / 
2005年09月17日発売 

[収録曲]
1.荒城の月〜日の丸掲げ
2.平和な脱走兵
3.特攻隊
4.天邪鬼
5.人間失格的太鼓
6.廃人
7.御菓子
8.遺言

マキシシングル

死神 1st マキシシングル「どうせいつか壊れてしまう人間は悲しい肉の飴細工だから」

伊丹社 / JPN / CD / ITMS964 / 
 2015年08月19日 発売

[収録曲]
1.どうせいつか壊れてしまう人間は悲しい肉の飴細工だから
2.真夜中、猫背、包丁。
3.生きるかな死

ライブCDR

死神紫郎バンド 会場限定販売CDR「2019.08.31ライブ」

海賊版 / JPN / CDR / ITMS002
2020年02月02日発売

[収録曲]
1.七人掛けの椅子(2019.08.31池袋LIVE INN ROSA)
2.牛は屠殺を免れない(2019.08.31池袋LIVE INN ROSA)
3.共喰いの未明(2019.08.31池袋LIVE INN ROSA)
4.生きるかな死(2019.08.31池袋LIVE INN ROSA)

死神紫郎 会場限定販売CDR「ライブ2018」

海賊版 / JPN / CDR / ITMS001
2018年09月19日発売

[収録曲]
1.どうせいつか壊れてしまう人間は悲しい肉の飴細工だから(2018年2月11日なんば紅鶴)
2.共喰いの未明(2018年2月11日なんば紅鶴)
3.夢遊蝕-ムユウショク-(2018年2月28日Gyoen ROSSO 198)
4.メカニック・メカニズム(2018年2月28日Gyoen ROSSO 198)
5.七人掛けの椅子(2018年2月28日Gyoen ROSSO 198)

書籍

死神紫郎 「日本ってはか」(現代詩集)

伊丹社 / JPN / 書籍 / ITMS964 / 
2014年04月02日発売

[収載内容]
「詩人・死神紫郎」として放つ現代詩集。
言葉のみで“音楽的表現”を試みた全56編。
※歌詞集ではありません。

タイトルとURLをコピーしました